ソウルカラー®セラピスト新たに誕生
0
    皆様こんにちは。
    本日また新たに認定ソウルカラー®セラピスト誕生です。

    今後皆様に知っていただけるよう顔出し、名前出し可能という事なので、思いっきりPR。

    山本奈美さん〜nami yamamoto〜

    バンコクおよび帰国時日本では横浜でのセッションが可能です。

    山本奈美さんの連絡先 →yamamotonami_0814@yahoo.co.jp

    先ほど認定試験を受けられて見事高得点で合格!

    試験中も緊張してるといいながらも始終落ち着いてロールプレイングセッションをこなされ、私自身もいろんな気づきがありました。

    奈美さんのソウルカラー®モニターを受けられて腑に落ちたという方もいっぱいいらっしゃったようですね!
    私も嬉しいわ〜!

    この奈美さんのお嬢様がまた可愛いくって、試験の朝に「ママ、今日はソウルカラーの試験頑張れ!不安だろうけど大丈夫だからね。」、、、とお守りのようなお手紙をもらったそう。
    きっと今ごろ合格バンザ〜イってお嬢様も一緒に大喜びしてくれてるとこかもね。


    今後もこのようにモニター課題をクリアされ、認定試験受験まで私重本もとことんバックアップしますので、セラピストを目指されてらっしゃる方、一緒に「色で自他の勇気付けができるセラピスト」になる為に頑張って行きましょうね!(≧∀≦)

    「自信がないからまだモニター課題に踏み出せない」と言われる受講者の方には毎回言ってる事ですが「最初から自信なんてみんなある訳がない」

    このセッションのいいところは、モニター課題でもなんでもやればやるほど、自分の進化や理解が実感でき、次第に自信がつき、他人の勇気付けだけでなく自分の勇気付けになっていくのです。
    もちろん、やってるとうまく行かず凹むこともありますが、その為のモニター課題!!
    「自信は行動した数だけついて行く」要は 「行動しなきゃ一生自信の笠は増えず低いまま」だよなぁと思っています。

    不明な事や出来なかった事があれば必ず私がフィードバックできる体制にしているのでそれを次回の成功の工夫に繋げる為のモニター課題です。

    色彩を使って行うセッションは人の心を扱う「なまもの」の仕事。
    生物〜なまもの〜は進化していくもの。
    私も以前より随分進化していると思ってますし、今後も時代が変わって人の傾向も変わると共にカラーセッションもどんどん進化するものと思ってます。

    だから常に講座では新しい情報も入れて行っているつもりです。
    ですので、colortableは最新講座を再受講できるオブザーバー制度も大切にしています。
    お時間に都合がつく限り是非参加されて下さいね!


    上記の様に認定試験に合格し「このブログで自分のPRをしたい」とか「今後のために自分のHPや連絡先を紹介して欲しい」という方。
    遠慮なく連絡下さい。

    写真もOKの方は一緒に掲載させていただきます。

    さてさて、明日からは子育てサポートカラーセラピー「CUBICマム1day講座」がスタートします。
    明日から毎週水曜で3回コース。

    こちらもオブザーバー受講(再受講)OKですので以前受講された方も、受講希望の場合は必ずご予約下さい。

    その他colortableでは以前サロンで各種カラー講座を受講された方のフォロー勉強会を行っています。

    5月〜7月にかけてはバンコクサロンにて「コミュニケーション色彩心理学CUBIC」「ソウルカラー®」「カラーメンタリング®」の3種の色彩心理学系の勉強会を開催致します。
    日本やその他遠方の方もskypeでのビデオ通話で受講可能です。
    下記のブログ中盤に詳細を記載しておりますのでご参加希望の方は人数限定ですのでお早めにご連絡下さい。

    colortableフォロー勉強会及びその他colortable情報→

    それでは、今日も良い1日をお過ごし下さい。

    colortableしげもとふみこ

    | ソウルカラー・色彩波長学 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ソウルカラーで快適感覚を味わう
    0
      今月はタイも祝日がとっても多い。
      ちなみに本日5/20もウィサカブッチャー(仏誕節)という祝日でタイは3連休。
      お酒は飲めない日 ^^;

      私は明日明後日と朝から夕方までskype講座なので今日のみ貴重なお休みです。

      ちょっと日帰りで遠出を、、、
      こんな移動中はブログ投稿時間に最適です!

      バンプーという渡り鳥と夕陽が綺麗な海の町へ車でゴー!


      なぜか隣にインコを操るおじさん

      インコが可愛いです。。


      夕陽の前に海辺のローカルレストランで腹ごしらえ

      ヤムプラムック(パクチーだらけのイカサラダ)、カオパットプー( カニチャーハン)、トートマンクン(エビのすり身揚げ)



      全部さっぱりで美味しかった!

      今日は綺麗な夕陽が見れるといいな、、


      さて、話し変わって今月から一気に仕事も本格稼働し複数のカラーレッスンも始まりました。

      来週はひとまず週1で行っていた3つの講座のタームがとりあえず終了。そしてまた応用レッスンが引き続き始まります。

      以前受講済みの方にはオブザーバー受講という形で再受講を可能にしておりますが6月後半には勉強会も検討していますのでまたこちらで告知いたします。

      ということで結構仕事量としては以前と変わらず、、、な感じで忙しい割には、今月はなぜかとっても疲れを感じずゆったり余裕がある日々が過ごせています。。。

      旅行に行ったり、、

      こうやって定期的にブログ更新もする余裕がある。(しかも自発的 笑)

      仕事では、現在、サロンに毎日色んなお客様がいらっしゃいますが、講座終了後も皆さんでワイワイガヤガヤと質問も兼ねたカラー雑談。
      こっちの方が非常に濃い内容なってしまったり、、、
      でもこれがcolortableサロンまで通っていただくメリットでイベントなどでの1dayレッスンとの大きな違いでしょうね^^;

      そして私は、、、いくら話しても疲れるどころか元気になる。笑

      プライベートでは夜に以前通っていた体幹を鍛えるためのエクササイズ通いも再開。週2回程度ですがにマンションのジムも行けてる。

      と言っても、結構、家大好きなオタク状態で昼寝したりもやってるので、運動と買い物以外はほぼ家で眠って身体の立て直ししてるからかな^^;

      オタクな私の今月の発散法はもっぱら料理での表現でした。日々の適当なごはん以外のね 笑

      久々にりんごとレーズンをシナモンでコトコト煮て砂糖なしのジャム作りしたり。

      豆乳を使ったヘルシーなチーズを手作りし、おやつや軽食作ってみたり。


      そのチーズ作りで出来た乳清で自分好みのピクルス作ったり。



      ピクルス作成時に余ったディルや浸かりすぎた残りのピクルスとでタルタルソース作り、今日はこのタルタルでスモークサーモンのサンドイッチ食べました!




      まだまだあるので、夕飯に使えそう。


      海老フライとか魚介のムニエルとかに合いそう。

      こういう日々のごはん以外の料理はもう何か月も余裕なくってやってなかったのが不思議。 やっぱ没頭できて発散できる!

      それと毎朝行うソウルカラーでの呼吸調和法。
      以前のブログでも書いた内容ですね!
      たった10分の瞑想法のような脳のリラックスタイム。以前は毎日まではやっていなかったのが、先月末から欠かさず習慣になってて、色んな意味で充電というか循環調整が毎朝できてるので脳に酸素が行き届き身体も軽く、多くのひらめきセンサーや五感が敏感になってる気がします。

      リラックスすることや余裕をもつ動きをするって大事。

      なによりも私の場合には色彩を通じて自分が1番活性する方法や無意識な動きを意識化できるので、結局はそこの動きを妨げる自分の行動が多ければ、疲れをためることもわかってるんですよ。

      なのに、、他人軸になってたり自分の意志の弱さやエゴで「わかっちゃいるけど、、」ってことになっている時に身体がメッセージだして病気になりますね。

      今は、自分の動きを活性化する毎日を協力してくれる周りの人たちと過ごせてるので、この感覚の生活パターンを維持できれば心身の健康は維持できるな、、というのが頭でなく身体で実感中。

      私の1番大切にしないといけない動きは色でいうと「赤」の意味する自然界の動きです。それ活性化してくれる動きが「オレンジ」と「紫」の動き。
      これらが色んなことを教えてくれます。

      ざっくり言うと、

      「赤」はオープンで明快で明るい力や人と関わり、ご縁を大切に成長する力(笑いや笑顔でエネルギー外側に放出する力)

      「オレンジ」は、自分の肉体を動かしたり敏感な五感を使いながら自己の意思や想いも何かしらの形にしたり表現する力(自己表現の力)

      「紫」は情報伝達や流通、通信、通訳、移動など流したり流れていったりという力や挑戦、積極性、語っていく力、自分の関心をとことん追求していく力。

      上記の動きが働いていない時はもちろん各色のネガティヴな動きも勃発させます。^^;

      ※ちなみに上記色のキーワードは波長の動きそのものを色の動きとリンクさせたもので、その時の人の情動を表す色の力(コミュニケーション色彩心理学cubicで学ぶ色と情動表出語)とは違います。

      そうなんです。。。
      上記に記入した今の私の生活は仕事もプライベートも全部この私に必要な能力を燃やしてくれる「赤」を中心に「オレンジ」「紫」の色の動きに該当する。
      自分のソウルカラーを含めその他、重要なキーワードを使えるとエネルギー活性になってくる。

      これら私にとってのメインの動きを使えないほど他の動きを中心に働かせ肉体または精神をいじめてたりすると心身の不健康につながる。

      いかに無駄をなくし合理的に自分らしく自分特有の動きを発揮させる工夫をするか!

      以外とシンプルな事なんでしょうが、、、

      ここからはソウルカラーのカウンセリングや講座、セミナー、colortable受講生のモニターを受けられた方へ向けてのお話ですが、、、

      受けられた方は皆様カウンセリングシートをお持ちでその中で大事な事や色の動きの解釈がどういったものかの説明を受けたましたよね!

      皆さん各々違う自分のソウルカラーの色の動きはもちろんのこと、カウンセリングシートの備考欄やたくさん塗られた色の1段目の部分が何色があるかということがとっても大事になります
      そしてこれは生まれながら与えられた自分にしか味わえない快適ポイントを意識するという事。

      また、自分の快適感覚に必要な力がどのような動きなのかを人は潜在的に知っていて、「人の縁」という形で引き寄せている事も色が教えてくれます

      だから自分以外の周りにいる人の動きも色から診ていくんですよね。
      より一層自分の引き寄せている縁に意味がある事も色を通じて視覚(ビジュアル)感覚から感じ取れます。

      カウンセリングシートを持っている方は、今一度、シートを引っ張り出して見直してみてください。何かに気づけるかも...

      これは東洋哲学からみた氣の流れや自然科学で説明できる理論から導きだしたものなので、人の意思では変えられない自然の摂理を色を使い私達ソウルカラーセラピストはその通訳をしているだけ。

      色って衣食住に潤いも与えてくれるものになってくれるので、私たちはプロの目からその方が自分で何を求めているかをじっくり伺い、身近なライフスタイルで楽しく衣食住で活用できるカラーアドバイスもします。

      皆さんも是非色を使って今以上健康で潤いのある生活を引き寄せてみませんか?

      colortableバンコクサロンでは以下のメニューで皆様のライフスタイルをサポートできるサービスを行っています。
      年に2回の帰国時は主に福岡北九州で同じメニューを開催しておりますのでご興味がある方は是非お問い合わせください。

      *****colortableバンコクサロンメニュー****


      ****現在開催中の講座など****


      colortableしげもとふみこ
      | ソウルカラー・色彩波長学 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ソウルカラー商標とれました*\(^o^)/*
      0
        今年も最終週になりましたね。

        昨年あたりから私の中ではcolortableの仕事として2015年中にどうしてもしておきたいことがありました。

        「ソウルカラーセラピー」の信頼性を高いものとすること。

        それにはまず商標をきちんと取得すること。

        このセラピーは自然科学と神秘論を組み合わせて割り出していく計算法を元に私が色々な自然科学や東洋哲学を中心とした理論とデータやアドラー心理学を中心とした勇気づけによるコミュニケーションカウンセリング術および氣の働きから生活エレメントのアドバイスなどを行い心身を循環させ身体を楽にすることで健康維持を習慣化できる各人の特徴にあわせた色の呼吸法と組み合わせたセラピー法。
        私の仕事のひとつとしているコミュニケーション色彩心理学「cubic」の理論や考え方もこのソウルカラーが完成したプロセスの基盤となっています。

        特にセッション中の色彩波長の氣の流れ方や引き寄せ方から導かれた意味を解読した勇気付け法が特徴です。



        現在しっかりと知識と経験を積んだ多くの認定セラピストも誕生して活躍されている方も増えてきています。

        色を割り出すための同じ計算法を元に単純な解釈のみで一方的にアドバイスする占いや数多く似たような名前で存在する簡単なカラー診断とは区別させ信頼の高いものとすることが私の中では第一優先で色々と発信しながらまずは特許庁に今年に入り商標登録申請しました。

        取得可能かなどの審査が時間がかかると聞いていたため結果を首を長〜く待っていましたが、私の強い願い通り12月頭に審査に通り今年中に取得可能だとの連絡が入りました!!


        バンザ〜イ*\(^o^)/*

        実際に私のソウルカラー診断的に今年2015年のバイオリズムは9年に一度のゴールドという色波長が意味する統率力や次のSTEPにいくための包容力も試される年周りでした。

        そして、そのお試しも自分のソウルカラーの赤「コニュニケーションを使い成長する強み」を色で知ってましたのでそれを使って乗り切ったかなと思える一年でした。
        実際に自分1人で抱えていくのが得意な方とそうではない方といると思いますが、私の場合は1人でがっつり多くのことを抱えるのは得意でないので、多くの信頼できる方々のアドバイスや協力で今年も乗り切ったかなと実感!

        ということで
        来年そうそう、日本での講座の仕事も兼ねて、登録証を取りに日本に帰ります。

        現在ソウルカラーセラピストの方や目指してらっしゃる方。

        今後はレジスターマークを使用でき、「ソウルカラー®」として活動できます。

        そしてこのマークが付いているソウルカラーセラピストのみがcolortableオリジナルのカウンセリング法をしっかり学んで活動されている方だということになります。

        これを機にますます信頼性の高い勇気付けカラーセラピーということで多くの方々に色を通して今以上の心のハッピーライフを発信していければと思っていますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

        colortableしげもとふみこ
        | ソウルカラー・色彩波長学 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        vol.7〜ソウルカラーの今後〜
        0
          一気にupしたこのシリーズもひとまず最終回。

          最後は
          vol.7 ソウルカラーの今後
          ついてお話しさせていただきます。

          今後もこちらのブログのソウルカラーカテゴリーではソウルカラーにまつわる様々な情報を発信していこうと思いますし今後COLORTABLEにてソウルカラーの認定を受けたアドバイザーやセラピストの方々のご紹介や最寄りの地域にいらっしゃるセラピストやアドバイザー認定者のご紹介もできるようにして行きたいと思っています。



          現在COLORTABLEには私がやっているこのソウルカラーの仕組みを使いカウンセラーやセラピスト、アドバイザーを目指したいと言われる方や、基本の考え方やソウルカラーの算出法を学びたいという問合せも増えてきました。

          前に記載したとおり、しっかり知りたい方や他人にこれを伝えて行こうと思っている方にはそれなりの時間をかけて学ばなければ真理は理解できないので現在は12時間で学んでいただいております。

          しかし、この12時間で伝えられることは限られ、この講座をはじめて数年間のも間でかなりの進化を遂げたソウルカラーのセッションで現在アドバイザーまでの養成講座をこれだけで終えるには少し無理があると私自身が判断しました。

          アドバイスやコンサル、カウンセリングやセラピーなど行っている人は世の中に多く、一部、恐怖心や不安を煽ることに繋がってしまい妄信的な依存体質を招くやり方をしている人もいる、、と耳にすることもあります。
          COLORTABLEから伝えられるセッションで絶対にこれだけはあってはいけない。

          伝え方を一歩間違えてしまうと、このセッションも考え方を偏らせたり心を支配したり傷つける凶器になりかねない。

          よって、2015年秋からは今迄以上にこのソウルカラーを学んでいくシステムを充実させる事にし、一通りのソウルカラーの出し方や考え方を学ぶ「一般講座」と
          自分の周りだけでなくクライアントを通じ多くの方々にこのセッションをしていく事を希望する「セラピスト養成アドバンス講座」を分けて開催いたします。

          自分のみ受けたい人、自分の周りももっと知って今後もセルフ診断できるようになりたい人、仕事として多くの方々に伝えてゆきたい人、、、、などクライアントの希望に合わせたものを提供しなきゃね、、、と講座の種類を分けました。

          アドバンス講座志望の方に方には人に伝えていくためにはまずはもっともっとご自分自身の人生をソウルカラーによって快適にすることを実感して欲しい。
          言ってみればセルフセラピーの達人になり自分の気持ち良さを実体験から伝えられるようになれば自分もクライアントもみんなハッピーで一石二鳥。

          それと並行し伝える側の責任としてもっとソウルカラーの基本前提や人への伝え方、人の様々な価値観についての捉え方などを私が他のカラーセラピーワークでも採用している勇気付けリーダープログラム(アドラー心理学など)を用いたワークや色彩学や配色理論から生まれたコミュニケーション理論を学んでいただきより一層ソウルカラーの意味の理解を深められる内容を取り入れていきます。

          その他、2015年中には、ソウルカラーを今迄以上に信頼性のあるシステムに進化させる手続きを現在行っております。
          詳細はまた改めてご報告したいと思います。

          また前のブログでお話ししたソウルカラーの最終目的でもある呼吸法は、吐き出すことで体内に効率よくいいエネルギーを導くことになります。

          このセラピー的吐き出しをして身体を楽に促す要素を重要としているソウルカラーのセッションはセラピー要素も含んでおり、今迄「ソウルカラーアドバイス」や「ソウルカラーカウンセリング」と呼んでいましたが、アドバイザー、カウンセラー、セラピストの全てを含む総称をどうしようか?
          と考えましたが、やはり最終目的の「心身共に楽に快適に過ごす事」が重要なキーワードと感じ、2015年秋より「ソウルカラーセラピー」という名称に統一します。
          プロ養成のアドバンス講座の方も「ソウルカラーセラピスト養成アドバンス講座」と改定します。

          今後、誕生したセラピストさんの活動の場を広げていきたいという思いと今迄個人の仕事範囲の中で決めていたサービスで料金設定もその範囲で自分では十分と思った価格で行っていましたが、平均的セラピーセッションより安価だったということを指摘され、誕生したセラピストさんが自分の価格設定より本部であるCOLORTABLEの価格設定より高いと皆本部のCOLORTABLEに行ってしまうではないか???

          できればCOLORTABLEの料金を見直してもらえることは出来ないか、、、という相談もあり、COLORTABLEしげもとふみこの個人セッションの料金などを2015年秋に改定させていただく予定ですが、それまでのセッションは現在の料金にて行っていきますので、お気軽にお問い合わせください。

          実はソウルカラー的に今年私に降りかかってくるエネルギー波長はゴールド(9)なんです。

          ゴールドの意味は(+)統率力、リーダーシップ、包容力、思慮深さなど
          (-)苦行や困難、、、9年に一度のSTEPUPのためのお試し、、、など

          まさにこのソウルカラーは自分で構築して大事に育てたものでもあり、進化もさせてきました。ようやくCOLORTABLEとしてこのソウルカラーを自分の感性で今後につなげ多くの方々の生活を楽にするためのヒントにするためにシステムをもっとしっかり確立させる年がきたのでしょうか?

          2015年に私のライフワークの一つでもあるソウルカラーセッションの大節目が来たなぁ〜と実感しつつも、この年を乗り越える方法として、私の持っている赤を中心にオレンジ・紫の意味する能力でこれを乗り越えられると思えば、かなり肩の荷も降りつつ確実に行動する原動力にもなっています。

          このソウルカラーの力を使いながらポジティブに過ごす経験上のノウハウなども今後の講座やセッションでお話しできればと思っています。

          もちろん、今までのソウルカラーアドバイザー講座の卒業生は今まで通り「一般講座」のオブザーバー受講は可能ですし「セラピスト養成アドバンス講座」を希望の方は卒業生割引価格で受講可能とする予定です。
          また臨床色彩心理学〜CUBICプログラム〜の「カウンセラピスト養成講座(実践コース)」までを受講の方もソウルカラーの「セラピスト養成アドバンス講座」を割引価格で受講可能です。

          アドバイザー認定を受けられた方には以前通り「ソウルカラーアドバイザー」として活動できますし、今後セラピスト養成アドバンス講座を卒業された方には「ソウルカラーアドバンスセラピスト」として区別できます。
          今後「インストラクター」の養成も検討していく予定です。

          いよいよ「第2章」に突入したソウルカラー。
          このソウルカラーのベースとなるのは臨床色彩心理学「CUBIC」、色彩学理論を教えてきた経験、インテリアの仕事で必要だと思い習得した氣学、本質のパーソナルカラーを学んで得た知識、その他様々な自分の経験してきたことなど私のプロセス全てを含んでます。

          ご興味がある皆様方、末永くどうぞよろしくお願い致します。


          COLORTABLEしげもとふみこ
          | ソウルカラー・色彩波長学 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          vol.6〜ソウルカラーセッションでの重要ポイント〜
          0
            今回は
            ソウルカラーセッションでの重要ポイント(vol.6)
            について

            ソウルカラーセッションを受けるにあたってお伝えしたい重要な点についてお話しさせていただきます。


            私の1回のソウルカラーセッション内(1時間半)では自分以外に4名までの人との関係性を診断できるのですが、これを大きく勘違いされることが多いです。
            (基本的には集中力が持続できる1時間半をベースに行っており時間内の範囲でこの人数が限度ということで行っています、、、希望によっては人数追加もできます)

            お客様によっては
            「私は他人との相性がどうこうとかは気にならないので自分だけ見てもらえばいいです。」とか
            「相性を知って悪かった場合に嫌なので知らない方がいい」とか
            その他「これを知って生まれてくる子の誕生日を調整したり、結婚相手を決めたりしたい」などなど おっしゃる方もいらっしゃいます。

            また、このブログでも記載しているようにソウルカラーで相性を見るだけが重要ではないのです。(もちろん相性みたいなものはわかりますが、、自分が意識的無意識的に引き寄せた出会いはこの人とは良くてこの人とは悪いという考え方はありません。)

            また、このソウルカラーではいかに自然の摂理に合ったアドバイスを行って第三者を勇気付けられるものとすることが大前提となっています。

            ですので、人間の意思で(都合で)自然に逆らうことをアドバイスする事は人のエゴを貫くためにわざわざリスクを伴うためのアドバイスをすることに繋がるためのことはCOLORTABLEでは行っていません。

            逆に自然の流れに沿うためのアドバイスや自然の摂理を無理なくうまく使える工夫の智恵は専門分野の智恵とし毎日の生活に潤いを与えコミュニケーションを円滑にするためのライフバックアップアドバイスとしてどんどん伝授いたします。

            アドバイザーがお客様の人生の選択決定をすることはありませんし、自分で決断すること自体が自然の流れで自分の人生という車の運転を自分でしていくことで、他人に決断してもらうというのは他人に運転してもらい助手席に乗って運転してもらうことだということ。
            運転手を2人で交代しながら協力して前に進むというのは2人で協力して運転しながら同じ方向に向かっているという意味で人生のパートナーとはこういう意味かもしれませんね。
            COLORTABLEは人生のパートナーではないので、その車の運転手はご自分で決めていただくということで、車選びのバックアップはさせていただくという感じでしょうか?

            もちろん完全に助手席で他人に運転してもらう人生を否定はしませんし、その流れを選ぶのも自分のプロセスによる自然の流れという解釈です。

            どの分野の専門家も一緒でしょうが、その性質がわかった後によりよく調整するための工夫や知恵、その他、毎日無理なくできるライフスタイルアドバイスなどを行っていく事だと思っています。

            どういう相手を4名にあげるかなのですが、、、、

            自分自身が無意識的に引き寄せている人間関係(例えば、意識的に選びようのない親子や兄弟、、その他職場の人間関係など)

            逆に意識的に選んだ人間関係(例えば、結婚相手やパートナー、友人など)

            ここの引き寄せパターンを比較していっても、自分の癖や資質や能力がよくわかる内容になっています。

            まずは無意識的になぜ自分はここに引き寄せられたのかを知るのもいいと思いますし、逆に意識的に引き寄せたタイプの理由などから自分を見ていくこともできます。

            前に記載したようにこのセッション内容ではどんな関係でも必ず自分が磁石のように引き寄せた理由があることを説明しますし、たとえ、縁がなくなってしまった場合もそれが何故だったかということも自分で気づいていただけるかと思っています。

            ですので、せっかくでしたら1回のセッション時間で可能である4名分の関係性を見た方が自分が知れ、工夫や知恵のヒントも多くなると思っていただければいいですね。

            次回は2015年秋以降のソウルカラにーについてや今後のシステムについてお話しさせていただきます。

            COLORTABLEしげもとふみこ
            | ソウルカラー・色彩波長学 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            vol.5〜ソウルカラーを知り柔軟になる〜
            0
              今回は
              ソウルカラーを知り柔軟になる(vol.5)
              について

              思い込みというのは自分の経験からくるもので自分自身や日々共に過ごしている身近な人に対して起こりがち。
              どうしても他人の前では自我がコントロールできるけど身近すぎる人ほどコントロールできないのは「情」が出過ぎるためだとも言えますし、甘えが出て自己抑制できないからだとも言えます。

              何人、何家族もの色波長を診断していると、「自己抑制しにくい関係だからこそ1番自分が試されるのが家族なんだな?」と、感じます。

              だから家族は社会に出てストレスを溜めずスムーズに過ごすための前の訓練のお試しグループなんでしょうね。


              思い込みも時にはいい働きもしてくれるポジティブな思い込みもありますが、ネガティヴな思い込みは極まりすぎる、、これがくせ者^^;

              ネガティヴな思い込み=塊 この塊をなくす事で一気に新しい風が自分に入り込みことにもなります。

              ソウルカラーで自分や周りの個性を見つめ直すことはこの塊をほぐし新しい風をもたらす勇気にも繋がる。

              上記にも書いたように自分の身近な周り=家庭というのは一番小さい単位の社会。
              思い込みが強くなるこの身近な家庭環境に社会でうまく生きるヒントが随分隠れており、仕事はうまくいっているけど親子関係、夫婦関係など家庭がうまくいってない場合は実に表面的な生き方をしているかということで、実際自分の周りの一番小さな単位の社会もうまく過ごせていないことになるのです。生物というのは必ず自己が良い方向に向かうために進化するようになっていますので、このような表面的生き方を選んだとしても結局最終的にはまた繰り返すことに繋がるのです。(この場合今世だけでは終わらないのでそれを俗にカルマの繰り返しといっているのでしょうね)

              だからこのソウルカラーのセッションというのは自分の人生の取り扱い説明書でもあり、どのような人に協力してもらうことを選んでるか、現在までどういった道を選んでいってて、今後どのようにしていきたいかを見直すライフコンパスのチューニングでもあります。

              次回はソウルカラセッションを受ける前に皆様にお伝えしたいことなどをお話しします。

              COLORTABLEしげもとふみこ
              | ソウルカラー・色彩波長学 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              vol.4〜ソウルカラー活用法〜
              0
                今回は
                ソウルカラーの活用法(vol.4)
                のついて

                さて今回はソウルカラーを知った後それをどうやって活用していくかというお話しです。


                ちなみに私の役割を表す意味の色波長では(赤)、赤の動きを人間の場合に置き換えていくと、、、人間関係を良くする力や明るく明快にオープンにする力、人の縁を大切にする力。笑いや笑顔の力、情が深く感情を早く表面化させ、イメージ出来たことを行動し形にするのが早い、など

                この色波長とリンクする数字の力は(2)がその意味を表します。(※注:各種数秘学と似ていますが、フォーカスをあてる波長が違うためソウルカラーで扱う数字と数秘学で扱う数字の意味は若干ズレが生じます。)
                2というのは漢字でも二、ローマ数字でも‖で、2本で成り立ったりしてますよね。人という漢字も二本の棒が組み合わさっているようにこの2のパワーは人の協力や人間の縁や関係を表す力の意味もあるといわれています。

                だから赤の力を役割に持っている私は自分の仕事を通じて多くの人に人の縁の意味を知ってもらいどの人の縁も大切だということを知っていただくこと、心を明るくオープンにしてもらい元気に笑顔になってもらう、、、などのお役目もあるんだな、、、と。
                これは仕事だけでなくプライベートでもですが^^;

                その他自分の役割をバックアップしてくれる自分の他の能力なども色波長から調べられます。
                私の場合は五感(特に視覚)を使いそれを形にして表現する能力(色波長や数字ではオレンジや3)
                その他、情報伝達、流通、通信など流す、流れていく力、語る力チャレンジ能力など(色波長や数字では8)があります。

                現在、色というツールを使って自分を表現しながら自分の言葉で伝えている、、しかも日本やタイなど自分が流れてゆきながら、、、この能力を使えば使うほど自分の状態が良くなる事が私自身が実感しています。

                昔から不器用ながら絵やファッション、雑貨など形あるもので自分の感性を表現する事が好きな意味もわかりました。

                でも今仕事としている人前で自分の言葉を使い伝えていくことが実は昔一番の恐怖だったんです。

                大勢の人前や仕事で自分の表現をしたり、大勢の前で話したり、、、ということ。

                気心の知れた人の前ではできるのに、、、どうして??

                しかも「語る力」という紫のエネルギーを自分の能力にもっているのに!?

                その意味も自らのセルフソウルカラー診断で自分や周りを見直し、自然に流れや仕組みと照らし合わせて全て解決できました。

                全てのことは、極まりすぎると偏りが出たり、使わなければ発揮されず本来の正常な動きをしなくなります。
                使うというのは経験するということ。
                色の動きも同じで発揮されなかったらネガティヴ(-)の動きに転じてしまいます。

                20代前半までの私を知っている人はよくわかるでしょうが、いろんなプロセスの経験でそれまでの自分の思い込みやアクション(経験)する勇気のなさ(自己の能力を信じておらず、、というかまさかそういう能力とは縁がないので、アクションしないほうが楽と思い込んでいた)から大きな殻で覆われており能力に火がつきにくくなっていました。
                よって、自分の一番大切な火種(ソウルカラー)の波長が燃えてない結果として他の自分の強く持つ波長のネガティヴな動きを発生させていたのでした。。

                思い込みや自分のこだわりは時に自分を守ってくれたりもします。でもこの思い込みがポジティブなものだったり、ほどよい堅さや大きさだったらいいけれど、
                その塊が堅く大きすぎると隙間や余裕もなくなりがんじがらめになりそれがジレンマ=ストレスとなります。

                自分の資質や能力というリソースがわかったのであれば、自覚がなくても試す勇気が必要ですよね。
                人は単純シンプルになれば自然と不安感が減り勇気(自律と情熱)ある行動に繋がるとも言われています。そして単純・明快・矛盾のない心をもつと自然と調和がとれていくとも、、、、

                上記を色の力に置き換えてみると単純さ(黄)、明快さ(赤)、矛盾なさ(青)となりこれは物質色の三原色でもあります。
                この三色で様々な色が作られ、ハーモニーや調和も生まれるということでしょうね。
                ちなみに調和を意味する色は(緑)
                上記三原色に緑をプラスすると色彩学でみると心理四原色となるんですよ!
                大元の原色を使わないと他の色は作れないということを人の情動に置き換えてみるとわかります。

                そして、数多くある色の中でソウルカラー(火種)になれる色もこの4色だけなんです。

                ソウルカラーの原理は全て色彩学にも基づいています!

                次のブログではソウルカラーのセッションで上記記載した厄介な人の思い込みを和らげるために一役かってくれることについてお話しします。

                COLORTABLEしげもとふみこ
                | ソウルカラー・色彩波長学 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                vol.3〜ソウルカラーでわかる縁の本当の意味とは?
                0
                  今回は
                  ソウルカラーでわかる縁の本当意味(vol.3)
                  について

                  ソウルカラーセラピーでは
                  自分の能力を補うために引き寄せている傾向を診ていくために必要なこと。
                  それを知れるのが周りの大切なご縁のエネルギーなんです。


                  友人やパートナーなど自分で選べる縁、親子や兄弟姉妹など選べない縁(潜在的には選んでるんですけどね)含めすべて人が役割を全うするために引き寄せている縁なんです。

                  自然の摂理には意味があり全て必然なので、縁の関わり方がポジティブでの感覚、ネガティヴでの感覚どちらも自分に必要なご縁。

                  ですのでソウルカラーで自分の能力や周りのご縁がどれほど意味のあるものなのかを知っていただければいいかなと。。。
                  今現在までの自分傾向としてどうして引き寄せたり引き寄せられたりというのが色というヴィジュアル感覚で理解してもらえるかもしれません。(五感の中でも8〜9割は視覚(ヴィジュアル)の感覚が占めているので視覚で捉えると理解しやすいのです。)

                  蜂が花の蜜に引き寄せられ、S極はN極にしか引き寄せない磁石など引き寄せの法則は必ずあります。

                  その他、虹の色の順番は決まっていることや引力の関係で物は上から下にしか落ちない、、、など自然の法則は誰にも変えられません。

                  人も自然の一部ですしエネルギーの集まり=波長の集まりなので、この波長の種類によって引き寄せも様々というのもわかる。

                  シンプルで単純な生き物の波長は他の影響を受けながらも根本の波長は生涯大きく変化するものではないのでしょうが、人間は環境の生き物とも言われ、どの生き物より複雑性をもっていると言われます。
                  ですので、人の波長というのは生まれ持ったものだけで構成されているわけでなく、その環境で影響を受けた波長も加わり様々に変化します。
                  言ってみればその時その時で自分の波長も変化しているので気質や才能のもつ波長(ソウルカラーの診断でわかる根本の波長)のみで引き寄せてない場合もあるということ。
                  その時その時の波長が視覚化できる能力を持つ人が江原啓之さんや美輪明宏さんのような特殊能力を持つ人なんでしょうね。
                  ちなみに私の仕事のひとつである臨床色彩心理学コミュニケーションカラーセラピー「CUBIC」では塗り絵などによりその時その時の波長が引き寄せた刺激を色によって見ることができます。(その時の心に色を付け観察できるのです。)

                  もし環境によって培われた波長の引き寄せの場合は必要がある時は引き寄せますし波長が変わり役割が変わった場合は突然引き寄せなくなることもある。

                  これによって結果的に別れることになった人との意味も知れます。逆に一度別れた人でもまた波長が戻れば引き合うというのもあるでしょうね。

                  次回はソウルカラーの活用法、わかること気づけることあれこれについて、、、
                  私の例も併せてご紹介します。

                  COLORTABLEしげもとふみこ
                  | ソウルカラー・色彩波長学 | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  vol.2〜ソウルカラーの内容は?〜
                  0
                    今回は
                    ソウルカラーのセッション内容
                    についてです。

                    ソウルカラーのセッション内容でお話しするアドバイスには、もちろん日本で昔から言われているおばあちゃんの知恵袋的なことや目には見えない氣の流れ方から診断していったりというのも含まれますが、この氣についても東洋医学などの大元である東洋理論できちんと説明できます。

                    その他、地学や天文学、脳の仕組みや色波長(電磁波の一種)の流れ方など科学的な理論や自然物理学、生物学的理論、臨床色彩心理学を含む現在社会で用いられてる様々な種類のよりよい心癖に意識を持ってきてストレスを軽減させるための心理学などもキチンと含まれているオリジナルな内容です。



                    ソウルカラーセッションで使っていく計算法では俗にいう前世といわれる今世肉体を持つ以前のエネルギーの動きの要素や潜在的に祖先から引き継がれている要素も調べられ、自分が無意識に引き寄せられたり引き寄せる波長の傾向や今の癖に繋がる意味も把握できたりします。

                    自分の協力者となりえるエネルギーパターンや守護霊のような見守りのエネルギーパターン、究極の場合の支援となりえるエネルギーパターンもわかりますし、地球のエネルギーから算出する自分のその年に降りかかってくるお試しのようなエネルギーの動きも知れるのです。

                    この診断で診ていくと人というのも自然の一部でエネルギーの集まりみたいなもので、他の自然界にあるものと共振共鳴しながら命をつないでいることを実感できます。

                    そして自分の波長と似ている波長を調べることで自分の能力や役割などがわかってきます。

                    人は皆それぞれ今世で達成する役割があり、それを自分の能力を思い切り使い毎日を過ごして行くと達成できるようになっているはずで、それと同時に自分もキラキラさせながら生きて行ける仕組みになってるはずなんですよね。

                    この辺の仕組みに関して、私は神経言語プログラミングといわれる脳の取り扱い説明書「NLP」の理論や勇気付けの心理学といわれる「アドラー心理学」も学び、その他東洋理論である儒学や氣学の勉強もしました(この勉強は一生かかり現在も継続中)が理論的なことは一緒で同じ仕組みだと言っています。

                    そこにはまずはアクションが必要でその経験の回数が自分の能力をますますあげていく仕組み。

                    この診断でわかるのは自分の生まれながらに持っているリソース(能力)。

                    気質といわれているのはこの能力の動きをいうのでしょうね。

                    性格ではなくリソース(能力)です。
                    (性格というのは自分の環境や人の影響を受けその経験からの思いなどにより、気質に付け加えられ育ってくるものです)

                    能力や気質は減るものでも変わるものでもありませんが性格はいくらでも変えられるもの。

                    だからソウルカラーで能力を知ったからといってなにもせず、自ら動かず、、、これは氣も動きませんからただの頭でっかちになるだけで変化もないでしょうね。
                    特にこのセラピーを診断料や受講料を払って受けさえすれば楽になれるなどの依存意識が強いと最も変化はないでしょう^^;

                    というか私個人の意見では自分の今の性格に行き着くのもそれまでのプロセスがあってのことで、これも必然なプロセスと思いますので、他人と比較し、焦って無理に自分を変えようと思わなくてもいいと思うし、自分が変化する時は、自然とその変化に伴う動きをするのが自然の摂理なんで、よほど人工的なものに侵されて麻痺してない限り人は毎日変化してますので、、、
                    (物や情報が多く麻痺させるいろんなのが多い時代ってのもちょっと問題なんですがね^^;)

                    さて、、、次回のブログではどうして自分以外の縁のある人の波長までカウンセリング中に診ていくかということです。
                    これは結構重要で自分の出逢う人などの引き寄せの法則傾向についてです。

                    COLORTABLEしげもとふみこ
                    | ソウルカラー・色彩波長学 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    vol.1〜ソウルカラーって何?〜
                    0
                      JUGEMテーマ:学問・学校

                      COLORTABLEが行っているソウルカラーの診断は呼称が「ソウルカラー=魂の色」というのと生年月日から診ていくということもあって面白おかしい占いや全く根拠のないものを元にしたスピリチュアルな診断とか神秘論だけで成り立っていると勘違いされやすいもので少し困っています。

                      それに性格診断のような事だけだと思われているかもしれません。

                      (もちろん簡易診断でそのようなこともできますが、、、)


                      ここで、COLORTABLEのソウルカラーを説明している記事を書いてほしいという講座卒業生からの要望と、私がソウルカラーを徐々に伝えていきはじめ約5年たった節目としてソウルカラーセラピー(ソウルカラーカウンセリング)というものがどういうものなのかをvol.1〜7までの全7回に分け綴ってみる事にしました。



                      まずは

                      ソウルカラーって何?(vol.1)

                      ソウルカラーについてどうして生年月日から診ていくかは以前記載したこちらの内容をご参照ください



                      http://blog.colortable-feel.com/?eid=1003887

                      実際自分の色を出すために使われる計算式やこのカウンセリング内で扱う大元の計算式や色の動きの理論などは40年ほど前に既にもうお亡くなりのなったある1人の波長科学研究者が生涯をかけて研究し発案したものなので、現在、様々な方がこの計算式を使用し、カウンセリングだけでなく占いや販売促進の集客ツールなどに活用されていると思います。

                      実際私もこの計算式をはじめて知った10数年前はあるお店のお客様サービスの一環で行われていた色診断?色占い?だったのです^^;

                      だからこのソウルカラーというものもそれとほぼ変わらないと思われてもしょうがないかもしれません。

                      その後、私は既に色の仕事をして少し掘り下げてみる癖があったのかこの色診断の根拠にどうしても納得がいかないことやもっと詳しく知りたいとう気持ちが今に繋がるその後の私のソウルカラープロセスとなりました。

                      そしてそれから色々と調べ、COLORTABLEではその真理を知る為、既にお亡くなりになった計算式を発案した先生の一番弟子さんを辿って行くことが出来たのです。

                      今は廃版となって貴重な古書となっている発案者の先生の思いが詰まった書籍を譲っていただきしっかりその基本理念をプロセスを辿って一番弟子の方にいろいろ疑問点をお伺いしながら伝授していただきました。

                      実は、この計算式は自分の分析や性格や気質診断のためのものではなく、研究の結果、精神のあり方やストレスなどは生物学的にも呼吸の仕方から改善できるものということに行き着きました。

                      人それぞれの身体や心癖が違うためその呼吸を各々の視覚作用(色)を用いて行うための計算方法だったということを知りますます興味深くなり自分の今迄学んできた理論やその他の経験データと結びつけ今の形にしてゆきました。

                      一見、呼吸法とか瞑想ときくと、、、???の方々も多いのでしょうが、呼吸は生きていくためになくてはならない摂理で、呼吸をしなくては生きられません。

                      これは空気から自然のエネルギーを体内に入れ込むための人間の生理現象。

                      これを発案された先生は各種宗教なども一通り勉強された結果、何かに縋り心のよりどころにする事=宗教というのは極度の依存を招き、本来この考え方は宗教というのは間違え。
                      もしこの考え方を宗教と捉えているのであればこの考え方を一切否定。

                      各種宗教の哲学をたどるとただ人間も自然の一部ということを忘れず単に壮大な自然の摂理の恩恵に感謝し、それに合わせて生きられると自然と全てが調和していく、ということを指針にしその事を唱えているだけ。

                      その哲学を人間のエゴで勝手に解釈し、戒律などを作ってしまって今の各種宗教になっている、、、

                      という感じの解釈を先生の書籍やお弟子さんも言われていました。

                      神様や仏様は献金しろとかルールを守らなければ死ぬしかないとかそんなケチくさいことはいわないし、自然の恩恵が神だとすれば太陽の光などどんな人にも平等にあててくれている。

                      人間のエゴのためにこの自然を壊すことをしているのも人間ですが、そこにストレスなどの問題点が隠れている、、、、と。

                      ですので、ソウルカラーセラピーの最終目的は、自分の心身を調和するための呼吸法で身体を楽にリラックスさせ自然のエネルギーを最大限にとりいれ心身の健康を保つ手助けを行うものといっても間違えではないのです。

                      ただし、COLORTABLEではもっと自分の周りにいる方の重要性を知っていただきたい事もあり、この計算式を呼吸法のためだけでなく、様々な理論を組み合わせ数年間データとって行き現在のソウルカラーカウンセリング(ソウルカラーセラピー)という形にしてゆきました。

                      このCOLORTABLE独自のセッション内容については次のブログにて、、、、



                      COLORTABLEしげもとふみこ


                      | ソウルカラー・色彩波長学 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ